税理士と公認会計士、どちらを取るかは自分のスタンス次第

違いを検証!税理士と公認会計士

税理士になるために

税理士の主な業務内容

税理士の仕事の主なものは、何といっても「税金」に関わるさまざまなサポート業務です。
そして税理士の多くは税理士事務所で働いています。その他にも独立して事務所を開業したり、一般企業内で活躍する税理士もいます。
具体的な事案としては、確定申告時の書類作成や相続税に関する税務調査に立ち会ったりすることが挙げられます。他にも所得税や法人税、消費税、固定資産税などの様々な税務に関り、納税が円滑に進むよう日々努めることが税理士の仕事になります。
その他にも、企業コンサルタントとして企業の経営を陰からサポートするといった仕事があります。様々な企業があり職種があるので、色々な業界を覗くことが出来るのも税理士の特権と言えるでしょう。

税理士の責任の重さ

税理士は、納税義務者の税務書類を作成したり、税務署への申告作業を代行したりする専門家です。
何故代行する必要があるのかというと、知識のない人が計算をすると、数字の記入漏れなどがあることが少なくなく、意識して行ったわけではないにしろ、結果的に脱税の疑いを持たれることになるためです。そうならないために税理士に代行を依頼するわけですが、万が一失敗があった時は、税理士だけではなく依頼主も社会的信頼を失うことになるので、税理士には大きな責任があります。
そしてクライアントの中には、プロなのだから資料さえ渡せばあとはすぐに書類を完成させてくれるはず、と考える人も少なからずいるので、そういった人の対処法もうまく考えなければなりません。常に書類と向き合っているので、頭痛や眼精疲労も多くあるでしょう。
肉体的にも精神的にも、中々苦労の絶えない仕事なので、体調管理には十分に注意する必要がありそうですね。


この記事をシェアする
TOPへ戻る