自社ビルに関する情報はBEMSで管理しよう

液体定量吐出装置の導入

作業員

エレクトロニクス業界を中心に製薬・化粧品業界などの製造工程では、接着剤やはんだ・液剤などの塗布工程が必要です。ディスペンサーと呼ばれる液体定量吐出装置を導入すれば、液体塗布作業の安定化が実現されます。水頭差補正や液垂れ防止を備えたディスペンサーによって、品質向上と作業安全性も同時に確保されるのです。

もっと見る

エネルギーの効率化

ヘルメット

マネジメントを行う

省エネルギーを実現させることで、環境保全に役立つほか、個人や企業のエネルギーに対するコスト削減にも役立てることができます。家計や企業のコストに影響することもあり、積極的にエネルギーマネジメントを行うところが増加しています。BEMSはビルディングアンドエネルギーマネジメントシステムの略になっています。ビルの設備や環境、エネルギーの使用状況を管理するためのシステムになっています。具体的には、設備機械の管理や制御を行うシステムであり、設備やエネルギーの監視を24時間体制で行っているのです。これに連動させて、課金管理や経営管理システムを制御することでコストに置き換えることも可能になっています。BEMSは機械設備以外の用途でも活用されつつあります。

コスト削減にもつながる

BEMSでは省エネルギーの観点から設備の変更や修正などを行う際に取り入れられることが多くなっています。すでに稼働している設備や機械に対して新規導入するとそれに対応するための設備に変更しなければならないのです。コストや時間が大量にかかるのです。新しい設備に変更するタイミングであれば、導入がしやすくなるメリットがありますので、新規追加の際に利用することがおすすめです。BEMSで計測した内容は、その後の対策がもちろん必要になりますが、これを行う事で毎月のランニングコストの削減に大きく寄与します。そのため、初期費用が幾分高くかかりますが、BEMSを導入する企業が多くなっているのです。環境面でもコスト削減も可能になるのです。

廃水の油を処理

システム

オイルスキマーとは、工場の廃水から油を分離するための機器です。スチールでできているベルトなのですが、使用すれば、廃水の表面に浮いている油を回収できるのです。廃水をそのまま処理すると、排水管が詰まりやすくなりますし、環境は汚染されます。しかしオイルスキマーを使用すれば、それらの防止が可能となります。

もっと見る

歯科などでの治療に活用

顕微鏡

マイクロスコープでは、物体を数百倍まで拡大して見ることができます。そのためマイクロスコープは、歯科での根管治療などに使われています。拡大した様子をモニターに映し出せば、患者への治療説明もスムーズになります。ただし汚れているとそれも映し出されるので、汚れ除去のためのメンテナンスが必要となっています。

もっと見る

Copyright © 2016 自社ビルに関する情報はBEMSで管理しよう All Rights Reserved.