税理士と公認会計士、どちらを取るかは自分のスタンス次第

違いを検証!税理士と公認会計士

それぞれの独占業務について

税理士も公認会計士も、資格取得の難易度はさほど変わりません。異なる点は、税理士は学歴、所有資格、職歴のいずれかの条件を満たしていることが第一条件であることに対し、公認会計士は学歴、年齢を問わず誰にでも受験が可能であるということです。 ここでは、この二つの資格について具体的に述べていきたいと思います。

どちらにしても難易度の高い資格

独占業務とは、その資格を有している者だけが行うことのできる業務のことです。
まず税理士の独占業務は「税務」に関する業務です。クライアントの対象は、主に個人や中小企業になります。この業務には大きく分けて3つの業務があります。
まず1番目は「税務代理」です。分かりやすいところで言うと、確定申告などの申告などに関する代理、代行が挙げられます。
2番目は「税務書類の作成」です。申告書や請求書、届出書、報告書などの書類を作成します。
3番目は「税務相談」です。税務代理の作成に関して、個別に相談に応じることを言います。個々に合った事案を提案することですので、一般論としての事案はこの類ではありません。
この3つの業務に関しては、公認会計士であっても行うことは出来ません。
次に公認会計士の独占業務についてですが、一言で言うと「監査」に関する業務になります。その内容は、企業が作成した書類が正しいかどうかを客観的な見解から判断するという業務内容になります。
学校の役員で会計を担当された経験のある方はよくご存じだと思いますが、年度末に決算報告書を会計担当者が作成するのですが、それをチェックするのは他の役員になります。主に会長副会長、前年度会計担当者になりますが、その方々のチェックを経て初めて決算報告書は全家庭に配布されます。公認会計士というのは、このチェックをする立場の人間です。そしてクライアントの対象は主に大企業になります。
節税の相談など、個人的な税務に関することは税理士の専門分野ですが、企業間の業務提携、資本提携、買収、合併に関することは公認会計士の専門分野になります。税理士が個人の側に立って業務を遂行することに対し、公認会計士は第三者的立場に立って業務を遂行します。
税理士と公認会計士、このことがまず一番の違いになるのではないでしょうか

税理士になるために

税理士とは一体どのような仕事なのか、その資格はどうしたら取れるのか、私は確定申告の時期になると興味が出てきます。 期間限定で気になる方から本気で税理士を目指している方まで、資格をとってからの就職場所や向いている性格まで、分かりやすく解説していきたいと思います。

公認会計士とは

公認会計士という名称は会社で会計業務にかかわっている方か興味のある方しか聞き覚えのないものかもしれませんが、「監査」という言葉は聞き覚えのある方も多いのではないでしょうか。 ここでは、「監査」についてと、公認会計士の資格の取得方法、活躍の場などについて、詳しく説明していきたいと思います。

TOPへ戻る